忍者ブログ

とりあえず何か考えてみる。

2006年7月末より開始。現在、名前の通り自分の趣味から周囲の出来事まで色々と観察・考察中。だが単なる語りの域を出ない事も多々存在。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/24 harurun]
[04/05 琉那]
[04/02 harurun]
[10/13 さっきぃ]
[09/27 harurun]

2017/09/20
05:46
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/02/28
17:20
喫茶店めぐり

話題がアレなのは前回言った通りである。
予想外に今月は数多く喫茶店を回ったので、今回はそのレポートと私見を書いてみる。
画像が3つとやや重いので、続きのリンクにした。
見たい方はどうぞ。
って、もう2月終わりか。早い。



1.ティーハウスタカノ
行った日:07.02.12 場所:神田

1回目の東京巡検終了後に行った店。看板があまり大きくないうえ初めての場所だった事もあり、場所を探すのに手間取る。形態としては、基本ティーサロンで、かつ茶葉の販売もしている。
ビルの地下1階にあるからか、内装は木製を基調とした椅子テーブル+オレンジ系の照明(名前失念、何だっけ)とアットホーム的な暖かみを感じさせる作り。17時くらいに着いた時点ではあまり客も居なかったが、それから人がどんどん来る。1人で本を読んでいる人も見かける・・さすが神保町。

頼んだのはセイロンティーとチョコケーキ。ケーキはパウンドタイプ+生クリーム付き。セイロンティーはこの店の定番・・とか書いてあった気がする。「ストレート向き(メニューより)」で恐らくブレンド。
で、この茶だが・・・私見を述べれば、従来のスリランカ紅茶のイメージ=飲みやすいがコクが足りないを覆された。飲み口がしっかりしているのに、味がくどくない。渋みは結構強め。飲み口と渋みが強いので、ストレートで行くにはキツい人もいるかもしれない。
だから、チョコケーキに生クリームが沢山ついているのではないかと個人的に推測した。と言うのは、この生クリームと付属のミルクで、大分口の中の渋みが緩和されたからだ。茶とケーキ同士が互いを引き立てる、て点ではセットで頼むのが無難なのかもしれない。
どうせならまた行きたい。

2.フォション サロン・ド・テ
行った日:07.02.18 場所:日本橋

2回目の東京巡検終了後に行った店。雨天で疲労が強かったために休める場所を高島屋(巡検解散場所)で探していたら見つけた。普通に百貨店とかではおなじみのメーカー。フォションは元々食料品店だったと記憶している。ゆえ普通にコーヒーも置いていた、気がする。来たのが閉店1時間前だからか、人は少なかった。着物姿の奥様×3とかスーツ男性+女性+どちらかの母親?とか。
写真を比較すると分かる通り、テーブルセッティングがやけに、寧ろ今まで見た中では一番凄かった。砂時計・・は普通だが、差し湯(左のポット)があったり、水がグラスに入っていたり、ケーキにナイフが付いていたり。統一された食器も木製のテーブルに映えている…さすが有名どころ。場所が場所だからか、全体的にセレブリティな雰囲気が溢れていた。自分が非常に浮いていたのはこの際気にしない。

頼んだのはアッサムとミルフィーユ。しかし、その日エラく疲れていたためか、あるいは余りにセレブな雰囲気に気が引けたためか、詳細な観察記録は無し。覚えている事と言えば、アッサムに合うカスタード系の菓子を選んだ事、ミルフィーユを切る事に苦労した事と、甘味で癒された事ぐらいだ。で、肝心の茶の記憶がない。
まあ、また今度買って飲んでみればいいか。 レポートジャナイコレ>orz
※差し湯:ポットの中に直接茶葉を入れれば、時間が経つにつれて味が濃くなる。で、味が濃いと感じた場合に薄めるために差し湯を使う。これについては賛否両論存在するが、自分の場合は濃くても大丈夫なので差し湯は使っていない。

3(番外編).サロン・ド・テ ナカヤマ
行った日:07.02.24 場所:地元

ある日、どうしようもなく立っていられなくなり、休み場所を求めて入った店。存在は知っていたが、値段が高め=対象層年齢が高めだったので、暫く行く機会を逃していた。店の紹介を読む感じ、基本はコーヒーであり、紅茶は後から増やしたらしい。扱っているのはフランスの「ジャンナッツ」という所のもの。フランス紅茶だからか、フレーバーが複雑かつ多様で、面白い物が存在する。販売もしている。
内装について、こげ茶と白が全体的なイメージ。部屋の上の方に白やガラスを使っているので、閉塞的な気分を味わう事はない。アットホーム・セレブと来たがコレは本当にお洒落カフェのような雰囲気を持つ。・・が、喫煙席が存在し、しかも今回、自らその席に座ってしまったのが個人的に痛かった。

頼んだのはテドブロマとガトーショコラ。ガトーショコラは、左手の平より小さい大きさだったので、別の物を頼めばよかったと後で後悔した。表面が堅めで中身はしっとりしてチョコ味が強い。おいしかったが、私見では良くも悪くも「普通」だった。
テドブロマは、言ってしまえば中国茶で作ったアールグレイ。基本的にこの味と香りが好みだったので選択。淹れて4分後くらいが一番ベルガモットの香りが強かった。この時点で殆ど渋みは無し。しかし10分くらい経つと、ウーロン茶のような中国茶チックな渋みが出てくる。これが個人的には好きだが、慣れていない人は甘味かミルクを入れたほうがいい。しかしここでミルクを頼むと+100円…マジすか。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

無題
2007年03月13日火

随分楽しんでるねぇ…

無題
2007年03月16日金

きゃっほう。
・・・というよりかは、疲れた時に避難所を求めている感じに近いかもしれません。

  • アルs@管理者
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら