忍者ブログ

とりあえず何か考えてみる。

2006年7月末より開始。現在、名前の通り自分の趣味から周囲の出来事まで色々と観察・考察中。だが単なる語りの域を出ない事も多々存在。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/24 harurun]
[04/05 琉那]
[04/02 harurun]
[10/13 さっきぃ]
[09/27 harurun]

2017/12/17
16:56
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/02/27
16:42
ぐったりしたい今月。

さて、どういうことだろうか。
テスト週間の前の週に山場を迎えているとは orz
まあ今日で山場を越して、あとは試験×1とレポート×2だったはずなのでまだ楽か。

そんな私信は置いといて、今回はぐったりした話でも書いてみる。
ただの憂さ晴らしと語りのような気がしなくもないので、苦手な人はご勘弁を。


自分の大学は都心部から結構離れているので、東京に出るだけで結構疲れが溜まる。
がしかし、個人的にとんでもない事が発生した。以下がその1週間と少しの予定(月曜スタート)↓

1週目:地域研究の授業で東京へ巡検→自分がティンパニで乗る曲の初合奏、後会議→地理学の巡検に使う資料の印刷、夜選曲会議→特記する事なし。普通に夜練習→オケの歓送会、後飲み(不参加)→特記事項なし→今度は地理学の巡検で東京へ。後飲み(不参加)
※巡検:ある一定の地域を歩き回りつつ、その場所の特性や歴史を勉強する事。基本歩きっ放し。
2週目:5限に期末テスト、夜に会議のち飲み(参加)→1限にテスト、夜に他の曲の初合奏、後飲み→午後から授業…(以下略)

下手すれば、中一日で飲み会に4回参加しなけりゃならなかった事も大分きつかった。まあ実際は2連続に留めたので、比較的被害は少なかったが。
それ以上に辛かったのは、1週間のうちに2回も東京に出ている事だ。
だからと言って、別に東京に行くこと自体は苦痛ではない。
では何が面倒だったかといえば、
1回目にいった場所が人で溢れていた事、2回目巡検に関わる発表資料作り、そして2回目巡検の当日午前、雨が降っていたこと。そして翌日、足の裏に筋肉痛。

まあ、巡検終了後、その足で東京の茶屋にいった自分も大概だ。

そのレポートについてはまた後日書く。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら