忍者ブログ

とりあえず何か考えてみる。

2006年7月末より開始。現在、名前の通り自分の趣味から周囲の出来事まで色々と観察・考察中。だが単なる語りの域を出ない事も多々存在。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/24 harurun]
[04/05 琉那]
[04/02 harurun]
[10/13 さっきぃ]
[09/27 harurun]

2017/06/29
00:51
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/08/13
00:10
合宿中に脳内で起きた出来事

合宿から帰ってきた。いや、山の上は涼しかったわ(写真は合宿地を携帯で撮ったもの)

乾燥もしていたので喉も微妙に痛めたが、日中の平均気温20度前後・・・快適だ。下界の暑さに戻りたくないと思った程。っても暫くしたらミュージックキャンプでほぼ同じ所に行くんで、また暑さとは離れるけど。
台風の影響も殆ど感じなかったし、星空がえらく綺麗だったし(後輩は流れ星を見たらしい・・自分も見たかった!)環境としては良かったはず。

肝心の合宿内容は・・・どうなんだろう、アレは。
今まで意識しないでやっていた事が妙に気になる合宿だった、と思う。
以下、少しだけまじめに考えてみる(長めかつ話がよく飛ぶので苦手な人は読まない方がよし)


こうして書いているって事は、また自分は、壁にぶつかったのかもしれない。
・座奏で足に重心をかける方法が分からない、そもそも重心ってどうかけるんだっけ?
・立奏でも腕の力をそのまま打面に伝える事が出来ない
・ロールで力が抜けない、もしくは精一杯抜いても抜けてないと言われる
・ストレス解消のためかよく涙が流れる、自分の意志とは関係なく
・休憩中にあまり人と話さない、つうか目を合わせない
・パートのコンパ中にやけ酒をあおる、吐きはしないが
・自分の周囲が全て疎ましく見える、意味もなく攻撃衝動に駆られる

上の箇条書きが合宿中の自分に起きた症状。見た感じ、主にティンパニに起因する悩みだねコレ。前半は演奏自体、後半はそれが影響した症状で。
自分の場合、1つの事に集中しているとよく壁にぶつかる。ついでに、そのまま頭の中で考えていても埒があかない事が多い。・・・なので、少しだけ、整理してみようと思う。

最初の1つは先輩に指摘されたこと。今まで座奏の意味を考えたことが無かったので、もう少し研究、工夫してみる必要がある。
次の2つは、練習していて常々感じること。力を「入れてない」感覚は既に掴めたので陥ったらすぐ分かる。
が、力を「抜く」感覚が未だに自分の身にしっくり来ない。腕を動かす時、そこにはどこかしら人の意思が働くもんで、つまり今の自分には意図的に力を抜くことが出来ていないってことになる。
その次・・もここ数年で起き始めたこと。発生時期は、主に1人で練習している時。何か考えていると起こり、泣く時間が比較的短いことが特徴として挙げられる(多分思考が落ち着いてくるんだろう)。
これはコレで、ストレス発散になるのならいいかと最近は考えている。

今まで挙げた症状は、まぁ前向きに考えられるのでいいとする。
音楽を始めてから、壁にはよくぶつかり、よく出た症状もこの中にはある。まだ対処法も有りそうだし(自分の自信の問題が絡む部分もあるから)
問題は、後半3つ。特に最後は今まで体験したことがないので焦った。
・・・・・明らかに、精神的に引きこもってるだろう。何だよ、攻撃衝動って。
「アルs(本名代理)は自分を追い詰めがち」とは、合宿中、別の先輩に頂いた言葉。
が正直、こう言われた時点で「自分を追い詰める」感覚は全くなかったわけですよコレが。
ただ、出来ない自分に無性に苛つき、状況を打破する方法を考えていただけで。「追い込む」方に近いかもしれない。
傍から見たら追い詰めているように見えたのか。基本自分は、練習より先に頭の中で考え込むので。

ミュージックキャンプ行って来て、この症状が少しでも緩和されるといいんだが。
っつか、寧ろ緩和させたい。
あまり壁にぶつかりすぎると、最後には疲れて思考停止、鬱に似た症状が出てくるので。
そんな訳で、また合宿、行ってきます。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら