忍者ブログ

とりあえず何か考えてみる。

2006年7月末より開始。現在、名前の通り自分の趣味から周囲の出来事まで色々と観察・考察中。だが単なる語りの域を出ない事も多々存在。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/24 harurun]
[04/05 琉那]
[04/02 harurun]
[10/13 さっきぃ]
[09/27 harurun]

2017/12/17
17:00
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/13
23:16
最近飲んだ茶:Dimbula No.11

今日は調子に乗って2回目更新。

茶葉名:ディンブラNo.11
買った日:2006.8.24 買った店:紅茶舗 葉々屋
飲んだ日:2006.10.10~
飲み方:ホットでストレートとミルク入り

今回扱う茶葉、というか葉々屋(ようようや)のスリランカ紅茶はブレンドティーである。ディンブラだけでもストレート向き、ミルク向き、両方向きと3種類存在した。今回はこの両方向きを購入。
追記:書いた後でHPを見てみたが、どうやらディンブラはブレンドティーでなく、農園別らしい。ウバや一部のダージリンがブレンド。訂正と共にお詫び致します。

今回はコートダジュールのモンブランと共に食す。栗のこってり系甘みをこの茶の軽い渋味が相殺していい感じ。前に紹介したジークレフのディンブラより、味はかなりしっかりしている(胃に落ちる感覚が強い?)。ので私見としてはホット向き。
但し「しっかりしている」といっても、アッサムほど濃い味ではないので朝から飲んでもさほど問題はない。微妙に涼しかったりするこの時期において、適度な渋味とコクを持つこの茶は個人的に毎日飲みたくなる味。
BOP(茶葉がやや細かめ)なので、短時間でも水色がしっかり出る。つか寧ろ、長時間淹れ過ぎると、かなり渋味とえぐ味が出て来るはず。写真は3分抽出だが、濃い目のカラメル色になる。


ついでに番外編:モンブラン(写真ナシ)
買った日:2006.10.13 買った店:コート・ダ・ジュール
価格:420円(税込)

写真がないのは、持ち帰り中に形が崩れたため。 orz
下層にはサクサク系のパイ生地的なもの。その上にカスタードクリーム、アーモンド風味の焼き菓子が乗っかり、それを生クリームとマロンクリーム(?言い方分からん)で包んである。マロングラッセなどの飾りはない、至ってシンプルな形。
和栗を使用してあり、栗のざらついた感じが舌先に結構残る。味は全体的に濃い目なので、是非ミルクティーやら何やらと一緒に。ただ、フレーバーティーで食べるのはあまり薦めない(香りでモンブランの味がとびそう)
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら